オフ用の時計を活用!40代の男性に人気のアウトドアは?

40代にもなれば社会的地位も安定し始めており、使える時間が徐々に増えてくる人もいるでしょう。ですが、今まで仕事に没頭していると時間を持て余す人も多いのではないでしょうか。せっかくオフ用の時計を用意したとしても、使いどころがなければ寂しくなってしまうものです。

40代になって何かしようと思っても、いきなり始めるのは難しいです。そこで、男性が40代になってはじめてみた人気の趣味について紹介していきたいと思います。今回の情報を参考にして、ぜひオフの時間を有意義なものにしていただければ幸いです。

釣りは安定した人気を持っているようです

40代の趣味として一定の人気を誇っているのは、やはり釣りになっているようです。海釣り、川釣り、バス釣りなど様々な釣りのスタイルがありますが、中でも海釣りは成果が出れば家族で一緒に食べられるのは嬉しいところがあります。

今ではちょい投げ釣りを初心者でもできるようになっているセットも販売されており、初心者の人でも始めやすい趣味となっています。また、時計も釣り専用のものが販売されているなど、趣味のお供になっていることが多いです。

最近ではジョギングを趣味にしている人もいます

40代からはじめる趣味として非常に人気なのがジョギングでしょう。現在では空前のマラソンブームで、夜や朝になるとランナーを見かけることが多いのではないでしょうか。ジョギングはダイエットになるだけでなく、健康を考えるのであればぜひはじめたい趣味と言えるでしょう。

また、いきなりジョギングが厳しい人はウォーキングからはじめるといいでしょう。実は、効果的なウォーキングをすることで肥満だけでなく血圧や動脈硬化、糖尿病の予防にもつながるといわれています。目安としては1日で計20分、週3回が目安となっているようです。こちらも時計を着けておけば簡単に時間を計れるので、非常に相性がいい趣味かなと思います。

登山・ハイキングは徐々に増加中

徐々に多くの人に広がっているアウトドアといえば登山でしょう。富士山の世界遺産登録に合わせて日本でも登山への注目が集まり、今では30代の若い層も増えているようです。登山と言っても険しい山に登る険しいものではなく、ハイキング程度のものを楽しむ人が増えている傾向にあります。ハイキング程度であれば息抜きにも丁度いいと思いますので、まず手始めにオフ用の時計と共に山に出掛けてみるのはいかがでしょうか。

プライベート用時計にルミノックスをおすすめしたい理由

プライベートの時計であったとしても、40代の男性ともなれば機能面やメーカーにもこだわりを持っておきたいところですね。そんなプライベートで使う時計でお悩みの方におすすめなのが、ルミノックスの時計です。

 

ルミノックスの時計はどんな暗闇でも使える発光システムと共に、40代男性が求める機能を持っている時計となっています。また、非常にコスパがいいので価格で困ることもない時計と言えます。

 

今回は、ルミノックスの時計が持つ魅力についてご紹介しましょう。

 

1.欲しい用途に合わせて選ぶことができる

 

ルミノックスの時計は高い防水性があり、ダイバーウォッチとして知られています。防水性だけでなく高い耐久性能を持っており、簡単には壊れない時計です。海釣りでルミノックスの時計を使った後、時計を水洗いして次に使っても問題ないレベルの頑丈さを有しています。

 

高い耐久性があるため、ルミノックスはレジャー好きな男性に好まれています。ですが、レジャー向けの時計だけでなく、渋いステンレスケースと革と使ったヴィンテージテイストの強い時計もあります。中には戦闘機をモデルにした時計などもあり、ファッション性も高いメーカーです。

 

2.リーズナブルな値段

 

高い耐久性とファッション性を持ち合わせておきながら、ルミノックスの時計はリーズナブルな価格にて提供されていることが多いです。特に、ネットショップなどであれば2~3万円程度で手に入れることができます。高くても4万円前半になっています。

 

ルミノックスは海外の時計メーカーです。日本にもルミノックスの専門店がありますが、輸入品を安く提供しているネットショップもあります。そうしたショップを通じて購入するのがいいでしょう。

 

3.長い期間使っても壊れづらい

 

時計を選ぶ際、重視するポイントの中に「長期間の使用」が入ってくる人がいるでしょう。これは耐久面だけでなく、電池の持ちなどを含めて考える人がいるかと思います。ルミノックスの時計ならば、クオーツ式でありながら4年ほど持ちます。また、ルミノックス独自の「ルミナイトシステム」はどんな暗闇でも時間を確認できます。ルミナイトシステムは10年間持つと言われており、夜釣りなど夜のレジャーを楽しむ人の必須アイテムとなるでしょう。

 

さらに、時計で壊れやすい部分の1つにベルトがあるかと思います。ルミノックスの時計ならばベルトの交換もできるため、適度にメンテナンスすることで長期的な使用が可能になってきます。。

40代の男性がオフに付けている時計

時計のメーカーとして、仕事場でもタグホイヤーやロレックスといったメーカーはよく聞くかと思います。ですが、それ以外にも時計のメーカーたくさん存在しています。各メーカーではビジネス用だけでなく、プライベートで楽しむための時計も販売しているものです。

 

40代の男性ともなれば、職場や取引先などでビジネス用の時計に関する話をすることも多くなってくるかと思います。一般的な時計に関する知識も必要ですが、趣味やプライベートでも使える時計についても知っておくと、ワンランク上の男性として見られることでしょう。

 

今回は、休日用として40代男性も使える時計についてご紹介します。それぞれの時計の特徴を踏まえ、ご自身に合った時計を探してみてくださいね。

 

1.カシオ「Gショック」

 

仕事用としても使わることのあるカシオの時計。その中でも、Gショックの時計をプライベートに使うという方法があります。仕事で使うならばアナログ式でブラックな色合いのもの、プライベートならば派手な色でデジタル式の時計をチョイスできます。

 

趣味向けのGショックの中には、サーファー向けのタイドグラフを搭載したものや、迷彩色にしてあるミリタリーモデルの時計などがあります。ビジネスとプライベートで使い分けてみるのも一興です。

 

2.SWATCH(スウォッチ)



 

SWATCH(スウォッチ)はスイス製のブランドメーカー。名前の由来には「セカンド・ウォッチ」と言われており、まさにプライベート向けの時計と言えます。

 

また、SWATCH(スウォッチ)の時計はデザイン性に富んでいるものが多く、コレクターがいるほど人気のあるブランドです。値段もお手頃ですので、趣味として始めるにも打って付けの時計と言えます。

 

3.TIMEX(タイメックス)



 

アメリカで一番のシェアを誇る時計メーカーとして知られるのがTIMEX(タイメックス)です。今ではアメリカだけでなく、世界の3人に1人はTIMEX(タイメックス)の時計を所持していると言われています。

 

TIMEX(タイメックス)の時計は非常にシンプルかつおしゃれなデザインのものが多く、ベルトの付け替えが自由にできるのが特徴です。ベルトには革だけでなくスエードなども用意されており、その日の気分に合わせて使い分けることが可能です。

 

4.ルミノックス



 

どんな暗闇でも使えることで知られるのがルミノックスの時計。独自の発光システムにより、どのような環境でも時間を確認できるのは画期的です。また、アメリカ海軍のシールズにも認められる防水性と耐久性を持っていることで、レジャーのお供にはうってつけの時計になっています。

 

ルミノックスの時計はカーボン素材となっているものが大半ですが、中にはステンレスケースを採用しているものもあります。特に、ヴィンテージなテイストを持っている「アタカマフィールド」や、伝説の戦闘機をモデルとした「P-38 ライトニング」はおしゃれなデザインと共に遊び心のある時計になっています。

40代になると、高い時計を着けていないと恥ずかしいのか?

40代を迎えた男性の中には、会社などで人を引っ張る地位に付いていることも多いかと思います。人を引っ張る役職などに就いている際には、身なりやアイテムもそれなりのものが求められるものです。

 

ですが、周りの目を気にして高級な時計を買う必要はあるのでしょうか。自分の収入に見合わない買い物をしてしまうと、逆にあなたの品位を損なう可能性があります。

 

今回は、40代の男性ならば考えたい時計を買う際に気を付けておきたいポイントについてご紹介しましょう。これからの時計デビューにお役立ていただければ幸いです。

 

1.無理して高いものを買う必要はない

 

40代を迎えた男性の中には、気持ちを新たに時計を購入する人もいるでしょう。一般的には、時計に掛ける費用は年収の3~30%程度と言われています。時計に対する愛着などによって費用は変動してきますが、人によっては年収の30%ほどの時計を分割払いで購入する人もいます。

 

仕事が安定してきた男性の中には30万円ほどの時計を買う人もいます。しかし、一般的には1万円から15万円ほどの時計に落ち着いている人が多いようです。時計はその人のステータスを表すものなので、特に仕事場では安過ぎない・高過ぎない時計の購入を検討しましょう。

 

2.自分の地位に不相応な時計は恥ずかしいかも……

 

時計が好きな人や自分の地位とは関係なく、年齢の点だけ踏まえて時計を購入する人もいます。しかし、収入に見合わない時計はあなたの品格を欠く可能性があります。

 

どれだけ装飾品などで着飾ったとしても、その装飾品に見合うだけの収入や人間性などが無いと意味がないものになります。自分に似合わない時計を無理に購入したとしても、あなたを見る目が変わる可能性は低いでしょう。

 

これはプライベート用の時計でも同じです。自分の趣味だからといって高い時計ばかり買うのは、あまりいい趣味とは言えません。趣味の延長線上であるものや、ファッションとして映える時計などプライベートを充実させる時計を選ぶのがポイントです。

 

3.兼用時計よりもビジネス・プライベートに特化した時計を用意する

 

今では時計を選ぶ際、仕事とプライベートの両方で使えるものを選ぶ人が多いようです。ですが、ビジネスとプライベートで使う目的は違うので、兼用できる時計よりはそこそこの値段の時計を2つ用意するほうが賢明だと思います。

 

そこでおすすめなのが、ルミノックスの時計です。ルミノックスの時計はレジャーなどのプライベートで使いやすい時計を多数そろえています。また、ビジネスでも使える革のベルトとステンレスケースの時計もあるのです。価格もネットならば2万円から3万円ほどで購入できるので、ビジネス用とプライベート用の2つも用意しやすいメーカーとなっています。

プライベートの時計を選ぶポイント

40代男性にもなれば、仕事だけでなくプライベートで使う時計でもこだわりを見せたいところです。プライベートでは仕事のことを忘れ、自分の趣味や家族との時間に没頭したいところ。そんな自分の時間を演出してくれるのも、時計の役割とも言えます。

 

今回は、ビジネスではなくプライベートや趣味の時に使いたい時計についてご紹介しましょう。

 

1.自分の趣味で使うのに十分な性能を備えたものを使う

 

プライベートで使う時計は、自分の趣味で使う際に役立つものを選んで大丈夫です。たとえば、釣りをするときにロレックスの時計を着けていても、その場にふさわしくないで高級時計の無駄使いになります。また、潮水で濡れたり作業時の衝突などで故障すれば、それこそもったいないです。

 

趣味で山登りや釣りなどのレジャーをよくする人ならば、そのレジャーにおいて役立つ性能を持った時計を選ぶようにしましょう。レジャーをよくする人は、どんな暗闇でも光るルミノックスの時計を選ぶ人もいます。

 

ルミノックスの時計は発光機能が高いだけでなく、防水性能の高さや衝撃に強いなど、本格的なレジャーに向いている時計です。ルミノックスの性能はアメリカの軍隊であるシールズからも評価されており、その機能性は確かなものになっています。

 

2.ファッションとして時計を選び、趣味に没頭する

 

仕事をしているときは、常に時間に追われてしまうもの。そのため、プライベートのときぐらいは時間から解放されるのもいいでしょう。時間から解放されるからと言って、時計をしないという訳ではありません。時間を感じさせない時計を着けることで、ファッションとして楽しむという方法です。

 

時計の中には分針だけを表示し、時間についてはインデックスにて表示するというおしゃれな時計も存在しています。極力時間という概念を排除することで、自分の趣味に没頭したい人におすすめの時計です。

 

3.仕事場では使いづらいヴィンテージ風の時計でダンディさを演出

 

仕事では革のベルトを選ぶのが一般的です。しかし、ベルトが傷むのを避けてメタル製のベルトを選ぶ人もいます。また、本格的なヴィンテージベルトの時計を仕事で使っていると、汗などでベルトが傷むのがもったいないです。そこで、休日にこそ本格的なヴィンテージベルトの時計をするのもいいでしょう。

 

男性が仕事用の時計を選ぶ際、さまざまな機能や文字盤に数字が入ったものを選びがちです。また、ベルトも耐久性のあるメタル製のベルトにする傾向があります。そこで、プライベートでは仕事で使うにはもったいないヴィンテージの時計を着け、風味を存分に楽しむ。40代男性ならではの楽しみ方です。

40代の男性がオンとオフで時計を使い分けたほうがいい理由

男性は30代から仕事の本番を迎えると言われており、それを超えて40代にもなれば、仕事の成果と比例する形で部下や役職が付いてくるようになります。自分のステータスに合わせて身なりも変化し、今までは気にも留めなかった時計も身に着けるようになるでしょう。

 

普段はちょっと高級な時計を着けている人ほど、プライベートでも時計にこだわっていくものです。しかし、オフの時まで高級時計を着ける必要はあるのでしょうか。今回は、オンとオフで時計を使い分けるべき理由についてご紹介します。

 

1.よりTPOを求められる立場になる

 

40代の男性ともなれば、今までよりもTPOが求められるようになります。若いときであればちょっとしたミスで許されたり、経験不足ということで周りの人も注意してくれるもの。ですが、40代の男性ともなれば経験に裏打ちされたふるまいが求められますし、周りの人も注意しづらくなります。

 

時計に関しても同じで、40代男性にふさわしい時計を仕事場で着けることが求められます。職場ならばステータスや年齢にふさわしい時計が求められますし、取引の際にも先方に失礼のないように時計を選ぶことが必要です。基本的には革のベルトで、名前がよく知られているオリエントやタグホイヤーなどの時計メーカーが会社員にはふさわしい時計と言えます。

 

反対に、プライベートで使っている好きな時計をそのまま使うのはNGです。また、プライベートでレジャーを楽しむ人であれば、ビジネスで着用する時計を使っていると水害や衝撃によって壊れてしまう可能性があります。

 

2.同じ時計をずっと使っているとオン・オフの切り替えが難しい

 

仕事とプライベートで使う時計を同じものにしていると、自分の中でオンとオフが上手くいかないことがあります。男性にとって仕事を生きがいとしている人は多いかと思いますが、仕事を大事にしている人ほどプライベートの時間も大事にしています。

 

スーツを着れば仕事モードに入るのと同じで、時計も仕事のスイッチの役割を担います。また、時計も仕事向けやレジャー向けなど各状況を想定して作っています。その時々にふさわしい時計を持つのが、40代男性のたしなみとも言えるでしょう。

 

3.仕事で使う時計にはメンテナンスが必要

 

仕事で使う時計が高級品であればあるほど、メンテナンスが求められます。時計をメンテナンスしている際に、代わりに着けられる時計があるほうが便利です。

 

特に、クオーツ式でなく機械式の時計を使っている人は、時間のズレやぜんまいなどを修正する必要があります。高級時計や格式ある時計になれば、クオーツ式よりも機械式時計のほうが多い傾向にあります。