40代になると、高い時計を着けていないと恥ずかしいのか?

40代を迎えた男性の中には、会社などで人を引っ張る地位に付いていることも多いかと思います。人を引っ張る役職などに就いている際には、身なりやアイテムもそれなりのものが求められるものです。

 

ですが、周りの目を気にして高級な時計を買う必要はあるのでしょうか。自分の収入に見合わない買い物をしてしまうと、逆にあなたの品位を損なう可能性があります。

 

今回は、40代の男性ならば考えたい時計を買う際に気を付けておきたいポイントについてご紹介しましょう。これからの時計デビューにお役立ていただければ幸いです。

 

1.無理して高いものを買う必要はない

 

40代を迎えた男性の中には、気持ちを新たに時計を購入する人もいるでしょう。一般的には、時計に掛ける費用は年収の3~30%程度と言われています。時計に対する愛着などによって費用は変動してきますが、人によっては年収の30%ほどの時計を分割払いで購入する人もいます。

 

仕事が安定してきた男性の中には30万円ほどの時計を買う人もいます。しかし、一般的には1万円から15万円ほどの時計に落ち着いている人が多いようです。時計はその人のステータスを表すものなので、特に仕事場では安過ぎない・高過ぎない時計の購入を検討しましょう。

 

2.自分の地位に不相応な時計は恥ずかしいかも……

 

時計が好きな人や自分の地位とは関係なく、年齢の点だけ踏まえて時計を購入する人もいます。しかし、収入に見合わない時計はあなたの品格を欠く可能性があります。

 

どれだけ装飾品などで着飾ったとしても、その装飾品に見合うだけの収入や人間性などが無いと意味がないものになります。自分に似合わない時計を無理に購入したとしても、あなたを見る目が変わる可能性は低いでしょう。

 

これはプライベート用の時計でも同じです。自分の趣味だからといって高い時計ばかり買うのは、あまりいい趣味とは言えません。趣味の延長線上であるものや、ファッションとして映える時計などプライベートを充実させる時計を選ぶのがポイントです。

 

3.兼用時計よりもビジネス・プライベートに特化した時計を用意する

 

今では時計を選ぶ際、仕事とプライベートの両方で使えるものを選ぶ人が多いようです。ですが、ビジネスとプライベートで使う目的は違うので、兼用できる時計よりはそこそこの値段の時計を2つ用意するほうが賢明だと思います。

 

そこでおすすめなのが、ルミノックスの時計です。ルミノックスの時計はレジャーなどのプライベートで使いやすい時計を多数そろえています。また、ビジネスでも使える革のベルトとステンレスケースの時計もあるのです。価格もネットならば2万円から3万円ほどで購入できるので、ビジネス用とプライベート用の2つも用意しやすいメーカーとなっています。