40代の男性がオンとオフで時計を使い分けたほうがいい理由

男性は30代から仕事の本番を迎えると言われており、それを超えて40代にもなれば、仕事の成果と比例する形で部下や役職が付いてくるようになります。自分のステータスに合わせて身なりも変化し、今までは気にも留めなかった時計も身に着けるようになるでしょう。

 

普段はちょっと高級な時計を着けている人ほど、プライベートでも時計にこだわっていくものです。しかし、オフの時まで高級時計を着ける必要はあるのでしょうか。今回は、オンとオフで時計を使い分けるべき理由についてご紹介します。

 

1.よりTPOを求められる立場になる

 

40代の男性ともなれば、今までよりもTPOが求められるようになります。若いときであればちょっとしたミスで許されたり、経験不足ということで周りの人も注意してくれるもの。ですが、40代の男性ともなれば経験に裏打ちされたふるまいが求められますし、周りの人も注意しづらくなります。

 

時計に関しても同じで、40代男性にふさわしい時計を仕事場で着けることが求められます。職場ならばステータスや年齢にふさわしい時計が求められますし、取引の際にも先方に失礼のないように時計を選ぶことが必要です。基本的には革のベルトで、名前がよく知られているオリエントやタグホイヤーなどの時計メーカーが会社員にはふさわしい時計と言えます。

 

反対に、プライベートで使っている好きな時計をそのまま使うのはNGです。また、プライベートでレジャーを楽しむ人であれば、ビジネスで着用する時計を使っていると水害や衝撃によって壊れてしまう可能性があります。

 

2.同じ時計をずっと使っているとオン・オフの切り替えが難しい

 

仕事とプライベートで使う時計を同じものにしていると、自分の中でオンとオフが上手くいかないことがあります。男性にとって仕事を生きがいとしている人は多いかと思いますが、仕事を大事にしている人ほどプライベートの時間も大事にしています。

 

スーツを着れば仕事モードに入るのと同じで、時計も仕事のスイッチの役割を担います。また、時計も仕事向けやレジャー向けなど各状況を想定して作っています。その時々にふさわしい時計を持つのが、40代男性のたしなみとも言えるでしょう。

 

3.仕事で使う時計にはメンテナンスが必要

 

仕事で使う時計が高級品であればあるほど、メンテナンスが求められます。時計をメンテナンスしている際に、代わりに着けられる時計があるほうが便利です。

 

特に、クオーツ式でなく機械式の時計を使っている人は、時間のズレやぜんまいなどを修正する必要があります。高級時計や格式ある時計になれば、クオーツ式よりも機械式時計のほうが多い傾向にあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です